読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

you know something?

Use it for myself.

iOS のサッカーゲームはこれ一択!

Apple Football

http://webgent.com/wp-content/uploads/sites/3/2013/11/fifa13.jpg

コンフィデ杯での日本代表の不完全燃焼を何とかしたくて iOSサッカーゲームを漁っておりましたが、FIFA SOCCER 13 (以下、FIFA13) が最高です。
(上記画像は、FCバルセロナを自チームに選んで、某半島のよく知らないチームを正に玉砕した結果ですw)

メッシなんぞ (失礼!) は、単独ドリブルで DF 突破しまくりの上、ハットトリックを超えて 4得点とか、もはや異常です。もう本当に素晴らしいぃ!

とかく、サッカーゲームは操作が難しくてなかなか勝てないため、今まで敬遠しておりましたが、その点 FIFA13 は大変優秀です。

操作を外れた選手 (NPC と言えばイイのかな?) も、ピッチをよく動いて走ってくれますので、安心して、パス回しも、ワンツーも、セットプレイにも、挑めます。

加えて、操作中の選手もプレイヤーの意志を超えて (と申しますか、私の想像が及ばないほどにサッカーが上手いんですね)、これまたコースギリギリのゴールを決めるわ。ロングパスも正確だわ。こういう決定力が日本代表にも欲しい、と心底思いました。

youtu.be
FIFA 13 iPhone/iPad - FC Barcelona vs. Málaga CF
メッシへのパスが見事に通り、ほぼダイレクトシュート!惜しくもポストに嫌われましたが、すかさず溢れ玉をゴールに押し込む、素晴らしい連携プレーでした。

それにしましても、ゲームと現実を混同するな、と怒られそうですが、よくできたシュミレータでヨーロッパの上位チームのプレーを疑似体験してみますと、日本代表に何が欠けているか、的確に教えてくれるような気がします。

まずは、当たりに強いコト

敵にボールが渡っても、ツーマンセルでプレスを掛ければ、あっという間に取り返せるので、安心感があって冷静さを失うこともありません。

次に、足が早いコト

下位チームでプレーしてみると、よく分かるのですが、足が遅いとパスを繋がざるを得ず、その間に敵が自陣に戻ってきてしまいます。

メッシだと、走りながら背面からのスルーパスを受けて、そのまま敵を置き去りにして走り抜けてしまいます。早い上にロスが無い、という、ちょっと普通じゃないプレーです。

現実にこんなプレーを目の当たりにしているリーガ・エスパニョーラの皆さんには、心底同情します
Ω\ζ°)チーン

最後に、技術ですね

まだ、ワンツーくらいしかマスターできていないのですが、メッシあたりは、正面突破でも軽々と DF をかわしていきます。スゲー。マジこんな感じなの?という位の驚きレベルです。リーガ・エスパニョーラの皆さんには本当に、心底同情します
Ω\ζ°)チーン

ということで、敵の配置を見ながら、サイドから攻めるのか。あるいは中央突破なのか、という差はあれども、やはり戦術を支えているのは「選手の技量」でして、トップクラスの選手であれば、こうも試合運びが楽なのか、と思い知らされるのが、この FIFA13 でありますし、本田選手が訴えるところの「個の能力」が無いと、じぇんじぇんゲームが組み立てられないことを本当に分からしめてくれるのも、このゲームなのです。

残念ながら、Jリーグが登録されておらず、代表チームにも日本が無いので、「もまいらのここがダメなんじゃー」と気勢を上げられないのが、本ゲームの唯一の弱点でしょうかw

何はともあれ、FIFA13 は Strong Recommend です!

広告を非表示にする
© toomores_such