読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

you know something?

Use it for myself.

冷夏の影響なんて、やはり関係無い

Economy


photo by moonhouse

 

7-9月期の国内総生産(GDP)は物価変動の影響を除いた実質で、前期比年率1.9%減と、速報値(1.6%減)から下方修正された。市場予想も下回った。

偶然にも目標インフレ率と GDP の年率減が、ほぼ同値というのは、何かの偶然でしょうかw

いずれにしましても、これほど までに 消費税率のアップ景気を冷やす効果 があるコトは、ハシモトデフレで散々経験した にもかかわらず、またもや景気回復中に施行してしまう短慮。

今となっては、数少なくなりつつあるリソースを、景気回復にジックリ集中できない短慮。

為政者の思慮の無さには、ほとほと呆れてしまいます。

設備投資と公共投資が下方修正されたことが全体を押し下げた。

冷夏の影響なんて、やはり関係ありませんでした。マクロ的な下支えとなる公共投資を減らしておいて、よくもまぁ。

結局のところ、金融政策以外、まったく機能しておらず、今回のマイナス成長は、ほとんど政府・国会の責任と申し上げても過言ではないでしょう。

7-9月期実質GDPは年率1.9%減に下方修正-予想下回る - Bloomberg

広告を非表示にする
© toomores_such