読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

you know something?

Use it for myself.

「カスペルスキー」を導入してみました

http://webgent.com/wp-content/uploads/sites/3/2014/02/picjumbo.com_IMG_5938.jpg

セキュリティは、Parallels Desktop 8 目当てで購入した MacUpdate Spring Bundle 2013: 10 Great Apps for $50 に同梱されていた Mac Internet Security 2013 (以下、IS) を使っていました。

同 Bundle は昨年の 3/14 に購入しているので、あと半月ほどサブスクリプションが残っているはずですが、2/15 に更新案内メールが届いた後、ウイルス情報を更新できなくなりました。

普通であれば、「釈然としないものの、ここで継続手続きを」となるところですが、実はこの IS、ファイルスキャン時には大抵、システム全体がフリーズ状態に陥る、という致命的な欠陥 (言い過ぎではないと思います) があって、サブスクリプション終了の暁には晴れて他社に乗り換えるつもりでした。

とは申せ、いささかノンビリしてしまい、いよいよ半月近く無防備な状態を続けてしまっていますので、そろそろ移行先を見つけねばなりません。

さぁて、どのお会社に移ったものでしょうか。

今年に入って Mac mini (Bootcamp) と Surface Pro 2 と、2台分の Windows マシンが増えましたので、既存の Mac mini (OSX) と Android 携帯を合わせた

  • 合計 4台に自由にインストールできるコト
  • 動作が軽いコト (≒ I/O を持って行かないコト)
  • サブスクリプションは 1年
    (注) 複数年の方が割安になりますが、年月を経て性能が低下する可能性が (経験的に) 有ります。その時、他社に移行しても費用が無駄にならないよう、1年以上の契約をしないようにしています。

を条件に早速 カカクコムさんで調査開始w です。

取りあえず、販売形態は「ダウンロード版」更新期限は「1〜1」対応 OS は全ての項目にチェックして検索したところ、9件がヒットしましたが、主なところは下記 4点でしょうか。

ということで、いささか消去法気味ですが、今回は「カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティ」選択。ダウンロード版の体験版を全ての機体にインストールしてみました。

1ヶ月様子を見て、問題無ければ、そのままアクティベーションしようと思います。

広告を非表示にする
© toomores_such