読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

you know something?

Use it for myself.

チリ産も、ダメなのか...

Foods


photo by Indie Bands With a Mission

 

アメリカではチリ産の鮭の摂取許容量は、年間6回までという目安さえ発表されています
biz-journal.jp

チリ産の切り身は潮味も薄く、焼くと少しパサパサした感じになりますが、その身をご飯の上に乗せて醤油を掛けると、ホントに美味しいので、好んで購入しておりました。

食べてしまったモノは仕方ありませんが、今後一切の購入を取り止めます。

ノルウェー産の鮭は、さらに危険度が高いという報告
biz-journal.jp

鮭という鮮魚のマーケットは巨大なのでしょう。大量生産・消費のため、無理な養殖を重ねている、といったところでしょうか。

考えてみれば、広い海域を泳ぐ鮭たちを狭い網の中に閉じ込めておくコト自体、相当不自然であって、弊害がゼロであるはずもありません。

昨今は一年中食すコトができ、食べ物の旬が分からなくなるコトが多々ありますが、こうした食品供給の有り様に消費者側から NO を突き付けていく必要があるのかも知れません。

と、この記事を書きながら TV を流し観していたのですが、間が悪いコトに、イオンさんの CM が流れて参りました (苦笑

上質な脂がのって、引き締まった身。生アトランティックサーモン|TOPVALU 〜トップバリュはお客さまの声を商品に生かします〜
https://www.topvalu.net/tv-atlanticsalmon/

広告を非表示にする
© toomores_such